固定ギアオンリー!ピストバイクレースの【sFIDARE CRIT(スフィダーレクリット)】とは

スポンサーリンク
104サイクル
この記事は約4分で読めます。

sFIDARE CRIT(スフィダーレクリット)ってご存知?

2021年はオリンピックイヤーということもあり、中でもBMXやスケボーなどのストリートでも人気なエクストリームスポーツが脚光を浴びました。

同じくストリートでも人気なピストバイク。オリンピックではいわゆる「トラック競技」ですね。当ブログ読者の方はご覧になった方も多いことでしょう。

イギリスナショナルチームが発表した“Lotus/HOPE”なんてすさまじいインパクトでした。

 

画像 出典元:GENROQ Web(ゲンロク ウェブ)様の記事より

 

さてそんなピストバイクのレース。やっぱり有名なのは競輪

で・す・が。

いわゆるトラックレースもふつふつと人気が出てきているのです。それも、ショップやストリートなど割と身近なところから。

で、本題です。【sFIDARE CRIT(スフィダーレクリット)】ってなんぞや。ざっくりいうと、自転車競技(トラック/ピスト競技)初心者でも参加できる、ピストバイクレース!なんです。

 

運営しているのは本物の選手でショップオーナー

主催しているのは、現役の競輪選手でもあり、ショップ運営もしている児玉夫妻。すごい戦歴を持ってるんですが、僕が書くと伝わりずらいんでオフィシャルページをどうぞ←ぶっちゃけタイピングするのがしんどkut,,

ちなみにお店はここです▼

 

そもそも”クリテリウム”ってなに?

「ピストは好きだけど、ぶっちゃけ競技はよくわからん!」という方、実際多数派だと思います。

クリテリウムをザックリ解説すると、自転車ロードレースの一つです。公園の通路や市街地の公道を交通規制して、だいたい1周1~3キロメートルくらいのコースを何周か回って順位を競う。周回レース。なにもピストだけではなく、ロードでも行われるレースのジャンルです。

有名なクリテリウムレースでなおかつ、ストリート発祥のレースといえば、「RED HOOK CRIT(レッド・フック・クリット)参考リンク:”FRAME”様のブログ」があります。ノーブレーキピストでの周回レースだ。これの日本版といえるのが「sFIDARE CRIT(スフィダーレクリット)」と思えばOKです!

 

sFIDARE CRIT(スフィダーレクリット)のイベント内容!

ここまで読んできた方。

  • 「ガチのレースはちょっと。趣味で好きなだけだし興味ないかな」
  • 「正直敷居高いでしょ・・」

と思う方、いませんか?はい、いますね。笑

このイベント、いかにもレースな名前ではありますが、実際のところ結構エンターテイメント性があります。例えば、コンクール。参加者の自転車のカスタムや独自性を競ってみたり、トラックバイクを使ったミニゲームなど、走り以外でも楽しめるようになってます。

まあ一つのピストイベントと思えば、全然敷居は高くないんです。なので、逆に言えば、様々なピストを見ることができる場所、祭りなんで初心者や興味がある人にこそ、参加するべきイベントだと思ってます!

開催概要やこれまでのアーカイブはインスタからも見れるのでチェックしてみてください▼

 

2021年9月、京都でも開催

どうでしょう。ここまで読んだ方は何人か参加したくなってるのでは。朗報です。9月、京都の亀岡市で開催です。

しかも今回は、レースの内容についても変更あり。フラットバーのストリートスタイルでも参加できます。(※細かいレギュレーションは公式発表をお待ちください)

画像 出典元:104cycle

また、関西のピストショップも何やらブースを出す様子。かなり濃いめな一日になる予定っぽいのでぜひ関西のユーザーは京都に行きましょう!

 

miki

タイトルとURLをコピーしました